弁護士への依頼

人生で弁護士を雇うことは一般的な家庭でもあることですが、皆さんどのような案件で依頼するのでしょうか?東京や大阪、千葉などで弁護士への依頼をご検討している方はこれからご紹介する記事をチェックしておきましょう。

新着情報

弁護士への相談数が多いカテゴリー

no.1

1位:法律関連の案件

民事及び刑事に関する法律関連のトラブルが日本だけでなく世界的にも後を絶たないです。特に、民事ではお互いがヒートアップして訴訟に発展しやすく、弁護士に依頼するケースもかなり多いです。

no.2

2位:離婚関連の案件

「不倫」、「DV」、「別居」などの離婚関連の依頼も弁護士事務所では多いです。また、それに伴い、慰謝料の問題や親権の問題なども関わってきて、お互いに弁護士を立てるケースもあります。

no.3

3位:借金関連の案件

ローンを利用して借金を作ってしまい大阪の弁護士事務所にて過払い金の相談する方も多いです。また、千葉では離婚での慰謝料の請求などで借金を抱えてしまう方もおり、最近では借金関連の案件が弁護士事務所で増加しつつあります。

弁護士に相談・依頼するメリット

交渉を有利に進めやすい

訴訟で争っている相手と交渉するためにはより多くの情報が必要になります。ですが、法律の知識がない素人がどれほど情報収集しようと思っても、必ず限界があります。その点、弁護士の場合、正しい法律知識と今までの経験があるために、相手との交渉が有利に進めやすいです。

心理的・身体的負担が軽減される

弁護士に相談・依頼することで相手と直接接触したり、交渉したりすることはまずありません。そのため、心理的・身体的な苦痛や負担が軽減されます。また、自分からは言いづらい場合でも弁護士に介入してもらうことで言えるということもありますので、依頼するメリットは大きいでしょう。

面倒な手続きを代行してくれる

最終的に交渉で決着がつかず、調停、審判や訴訟になった場合、弁護士を雇うことであらゆるケースに対応しつつ面倒な手続きは全て任せておくことができます。しかも、基本的に弁護士が代理として裁判所に出向いてくれるので、ご自身がかける手間暇は最小限で済みます。

トラブルの早期解決が望める

弁護士は法律のスペシャリストですから、当事者だと気付けない解決方法も易々と提案してくれます。また、お互いに弁護士が間に入るケースでは当事者同士の妥協点が探りやすいので、結果的に示談や和解で終了することも多いです。そのため、大きなトラブルになる前に早期解決が望めます。

安心して相談することが可能

相談内容によっては、他人だけでなく親族やご家族からも知られたくないということもあります。そのため、情報が漏洩されるか不安に思う方も少なくありません。ですが、弁護士には守秘義務と懲戒制度があり、依頼者のプライバシーが保護されているので安心して依頼することができます。

弁護士に相続・離婚のトラブルを相談しよう!

説明

遺産相続の問題

親族や家族が亡くなると悲しみに明け暮れ、無気力な状態になることもあるでしょう。ですが、そんな時に考えなければならないのが、「遺産相続の問題」です。たとえ、故人の遺産が少なくても名義変更などの何らかの相続手続きは必ず発生するものです。まして、故人が借金を背負っていた場合、3ヶ月以内に相続放棄しないとその借金をこれからご自身が返済することになります。そのため、故人やご自身のためにも、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

相続専門の弁護士を選ぶ

実際に弁護士に相談するとなると、どの弁護士事務所を選んでいいか迷うこともあるでしょう。確かに今ではネットで検索しても、沢山もの弁護士事務所がヒットするぐらい多くの事務所が存在しています。しかし、その中でも相続専門の弁護士事務所を選ぶといいでしょう。相続専門の弁護士では相続の手続きをはじめ、遺産分割や贈与など幅広く対応してくれます。しかも、相続でのトラブルでも迅速に対応してくれるので安心です。