JISQ9100で産業の信頼を獲得する|ISOで安心システム

作業員

マニュアルを作成

ワーカー

JISQ9100を取得することによって、航空宇宙産業の品質マネジメントシステムの規格について証明することが出来ます。航空宇宙産業に携わっている業務である場合は、取得をしておいた方が安心であると言えるでしょう。また、JISQ9100の取得をサポートしているコンサルタントは沢山あるので、専門家によって対策を進めてもらいたいという場合に相談してみると良いでしょう。JISQ9100の取得にあたって必要なのがマニュアルの作成となっています。マニュアルに管理の方法についてまとめておく必要がありますが、詰め込み過ぎてしまうことによって、後から読み返すのに時間がかかってしまいます。引き継ぎや研修で教える必要があった場合、その分時間を取ってしまうことがあるのです。このような失敗をしないように作成する段階で具体的にまとめておく必要があります。

専門のコンサルタントに相談することでJISQ9100の取得を進めていくことが出来るため、とても頼もしい存在であると言えるでしょう。なお、どのようにJISQ9100の取得を進めていくのかについてじっくりと計画を立てていくことが必要になります。また、費用についても計画を立てておく必要があるので、その点についてもしっかりと話し合いを進めていくと良いでしょう。かかるコストを抑えたいという場合は、JISQ9100の対策をコンサルタントと自社で分担しておくという方法があります。事前に見積もり書を出してもらうことが出来るため、このような結果を踏まえて依頼するかどうか検討を進めていくと良いでしょう。

便利になった社員証

ワーカー

社員証は現在では非常に様々な役割をになっています。社員証である事は当然ですが、入館証や身分証明書、ICチップなどが埋め込まれているものなども多数販売されるようになっているのです。

ハイテクな社員証

案内

現在では多くの企業が社員に社員証を配布していますが、企業の入退室管理などにも使用されているので昔と比べてかなり便利になりました。これはセキュリティの強化などにもつながるので非常に良い傾向です。

社員証の印刷

案内

社員証は現在、かなり多くの役割を担っています。昔の社員証は会社の社員である証で、警備員の方に見せて確認するだけでしたが現在ではICカードとなっているものが多いので確認作業が正確に行なえる様になりました。